フォト
無料ブログはココログ

キネコのコミックス

  • 放課後関ヶ原1巻~
    月刊プリンセス連載中の前世武将だった生徒が集まる学園を舞台にした平成だけど戦国ギャグ漫画☆
  • 姫武将政宗伝ぼんたん!!全5巻
    実は姫だった伊達政宗が男として戦国をB型気質丸出しで生きていく、リボンの武将なライト時代物コミック!
  • ミス&ミセス
    既婚のキコと未婚のミコのお友達ライフ。 生活スタイルが変わっても友情は…。 文化庁メディア芸術祭推薦作品
  • ビジュアル探偵明智くん!!全2巻
    ビジュアル系探偵明智くんが服自体が穢れ!の勢いで脱いで脱いで…殴られる!頭のおかしい探偵4コマ。一部マニアには人気…です。
  • WAKIWAKIタダシさん全2巻
    まっすぐ命!整体師タダシさんと妻の受付嬢おとぼけつかささんの整体4コマ。読み返したらちょっとエロい大人ギャグが多くてあれ?と思った(笑)パソコンではこちらから読めます。http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/1568/
  • お菓子な片想い全2巻
    ちっちゃなちまの片想い4コマ。作者初少女漫画(?)パソコンではこちらから読めます。http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/3897/
  • 辣韮の皮全7巻
    30代以上推奨(笑)オタク4コマ

時計

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月

2008年8月26日 (火)

すごいよ!歴史街道

ぼんたん終了後は一日がかりでトーンの整理をしなければなりませぬ。

いやマジで。

Photo ←多少片付けた状態ですが、まだだ!まだ終わらんよ!と富野節でトーンのヤツに言われております。

それはともかく、今回仕事のお手伝いをしてくれた友達から「歴史街道」を差し入れ(笑)に頂きました!

なぜならば…

これです↓

Ekisikaidoh  どうやら「歴史街道」は何かを理解してしまったようです…!そう、主に女子たちの気持ちを…ね…!

ちょっと前、どこかで「歴史街道」の特集が政宗になる事を知って、「買わなきゃな~」なんて思っていたのですが、夏コミ&仕事のダブルコンボですっかり忘れてたので、この差し入れは非常にありがたかったのです。

でもただ単に「伊達政宗」の特集だと思っていた私は受け取った時

「こ、こいつは…!?」と戦慄が走り、差し入れしてくれたHちゃんも「…中はもっとすごいですよ…」と意味深な表情。もし彼女が眼鏡をかけていたら中指で押し上げていたと思われます。

まず開いて初めの黒鉄ヒロシ先生の妄想がすごい。あえて妄想と言わせてもらいます、ええ。男子のイノセントなロマンは時々腐女子をも越えやがる…。なんなのこのほのぼの仲良し主従。ヒロシ…恐ろしい子!

本文イラストには新紀元社の歴史読本「伊達政宗」でもおっとこまえ政宗を描いていた諏訪原寛幸先生の政宗&小十郎のツーショイラストが見開きで!この小十郎がすごいカッ…コ…イ…イ…っ!か、体が火照ってしまう!(おのれ抱きをしつつ身もだえ)

そして戦慄の見出しの数々

「生涯、若君の右目となる」青年当主の覇気に火をつけた博役の思い

「小十郎ひるむな!」敵を欺くとっさの機略、人取り橋の死闘を制す

欧州制覇へ!激戦の摺上原に、独眼竜の采配と軍師の機転が冴える

「倅、重綱めに先陣を」主君の背中を守り続けた男の最後の願い

歴史街道…貴様…(ゴクリ)

いかにこの主従の結びつきが強いかをこれでもかこれでもかと臆面もなく特集しております!歴史街道…恐ろしい子…!

ま、それはそれとして(笑)、非常にわかりやすい文章と説明で主従絡めつつ政宗の主な戦と生涯を特集してくれているので、政宗ビギナーにも超お勧めですよ、これ!

この雑誌、実は初めて読んだんですが、これからも購読したくなりました。歴史が苦手な私に実にぴったりです。(ええっ!?)  

2008年8月25日 (月)

甲冑のやろう…!

やっと今回のぼんたん終わりました…

どうして戦国武将は甲冑を着て戦うのでしょう。
なぜ裸で戦わないのでしょう。

漫画で甲冑を描くことがいかに面倒くさく
時間がかかるかということを
彼らは解っていなかったのでしょうか…!

裸で戦えばいいじゃないの!
世界最強の兵士軍団のように!

Photo

そんな訳で今回は政宗初陣の回。ずっとお城で、もしくは草原とか、いっそ背景のいらない空の上で、きゃっきゃうふふとしていればいいのにね!

次回は空中戦、まっぱで戦います!嘘です!

28日配信「GENZO」 をよろしくお願いします。

http://www.gentosha-comics.net/genzo/index.php

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »