フォト
無料ブログはココログ

キネコのコミックス

  • 放課後関ヶ原1巻~
    月刊プリンセス連載中の前世武将だった生徒が集まる学園を舞台にした平成だけど戦国ギャグ漫画☆
  • 姫武将政宗伝ぼんたん!!全5巻
    実は姫だった伊達政宗が男として戦国をB型気質丸出しで生きていく、リボンの武将なライト時代物コミック!
  • ミス&ミセス
    既婚のキコと未婚のミコのお友達ライフ。 生活スタイルが変わっても友情は…。 文化庁メディア芸術祭推薦作品
  • ビジュアル探偵明智くん!!全2巻
    ビジュアル系探偵明智くんが服自体が穢れ!の勢いで脱いで脱いで…殴られる!頭のおかしい探偵4コマ。一部マニアには人気…です。
  • WAKIWAKIタダシさん全2巻
    まっすぐ命!整体師タダシさんと妻の受付嬢おとぼけつかささんの整体4コマ。読み返したらちょっとエロい大人ギャグが多くてあれ?と思った(笑)パソコンではこちらから読めます。http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/1568/
  • お菓子な片想い全2巻
    ちっちゃなちまの片想い4コマ。作者初少女漫画(?)パソコンではこちらから読めます。http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/3897/
  • 辣韮の皮全7巻
    30代以上推奨(笑)オタク4コマ

時計

« 2月…だと…!? | トップページ | くまがくと恵方巻き »

2011年2月 1日 (火)

チェブとくまのがっこうと楳図かずお

行ってきましたよ!チェブラーシカ&くまのがっこう

しかも渋谷での特別レイトショーのロシア語吹き替え版じゃよーnotes

そしてその映画を観る前に

楳図かずお恐怖マンガ展・楳怖展に行きました…

キディランドのチェブ人形展示が終わっていたので
その代わりにどうかと、のぼたんから勧められたのですが

代わりにするにはものすごい食い合わせだよね!

でも行ってよかったよsign03

一緒に行ったキノコスと共に楳図☆リスペクト∞(むげんだい)

「漂流教室」を読んだことがないというキノコスに
いかに傑作かを力説しつつ
自分は帰りに「わたしは真悟」一巻を購入しておりました☆

そしてそのあとチェブとくまのがっこうのレイトショーへ。

チェブももちろん楽しみではございましたが

アタイのお目当ては実はくまのがっこうの方sign01

12人兄弟の一番下のたった一人の妹ですよ!?

その設定だけでご飯3杯おかわりいけますよ!

そして観た結果…

可愛すぎて生きるのがつらい…ってこういうことなんですね…

もう可愛すぎる。可愛いはマジで正義sign03

観てる間中出てくる言葉は「可愛い…heart01」ひとつ
そして「ムフッheart01」という気持ちの悪い微笑み

たぶん観てる間中
クサナギから借りた「政宗を好きすぎて気持ちが悪い小十郎」
が出てくる同人誌(ギャグ)の小十郎のような顔をしていたと
思います。

Cocolog_oekaki_2011_02_01_23_10

こんなありさま。

妹のジャッキーが本当に5歳児くらいの子供で
けがに気付く前はへいチャラなのに気が付いたら
泣いちゃうとか!
ああ~あるある!となる子供の可愛さ満載なのですよ!

おにいちゃんたちもてっきり11人全部同じデザインかと思いきやw
みんなちょっとずつちゃんと違ってて
(いつも舌出てるとか顔が長いとかw)
観る前はすごい甘々に妹萌なのかと思ってたんだけど

甘々というわけでないながらも、ジャッキーのことを
ちゃんと見守ってるのが何ともよい…
最後のコスプレ姿とか超可愛かった…lovely

もともとが絵本で作者は男の人なんだけど
実際ジャッキーくらいのお子さんがいるらしく
ああ、だからこんなに子供の描写がリアルなのねと
納得。

映画の監督さんがこれまた男の人なんだけど
いやもう、よくあんな可愛い世界を作れたものですよ!
恐るべし才能!

画面の隅々まで行きわたる手ぬかりないカワイイ

エンディングまで可愛いとサプライズでしっかり彩る素晴らしさsign03

もも、もっとこういうアニメ作ってーっ!と四肢を振り回して
お願いする所存

ハッピーが足りないって?
それならくまのがっこうを観に行けばいいさ☆と
どや顔で観に行くことをお勧めいたします。

その後のチェブラーも日本で作った新作と思えないほど
チェブラーの世界観をそのまま引き継いでいて
素晴らしかったです。

でも引き継ぎすぎて「途中夢の中に引きずり込まれる」
ところまで忠実に引き継がれており
一緒に行ったキノコスは夢の世界へと途中旅立っておりましたw

アタイは何とか最後まで耐えましたが…
あのぼんやり感というか…けだるいロシア映画の雰囲気は…
人を夢の世界へといざなう何かがスクリーンから出てますよ、ね?

可愛いのにな!なんでじゃろね!

それにしても
十年前、初めて日本で公開したチェブラーを
観に行ってたんですが
まさか十年後、新作を観ることになるとは
思いもかけませんでしたよ!

名作はビヨンザタイムですな!

« 2月…だと…!? | トップページ | くまがくと恵方巻き »

キネコの日常」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046530/38701672

この記事へのトラックバック一覧です: チェブとくまのがっこうと楳図かずお:

« 2月…だと…!? | トップページ | くまがくと恵方巻き »